苍穹的法芙娜的OP和ED叫什么

苍穹的法芙娜的OP:Shangri-la

苍穹的法芙娜的ED1:Separation

苍穹的法芙娜的ED2:Proof (出现时第15集)

OP:Shangri-la

苍穹のファフナー【Shangri-La】
曲:atsuko/KATSU
词:atsuko
歌:Angela

愚かでいいのだろう 见渡す梦の痕 我能够是空虚的。 俯视梦的使铭记
さよなら 苍き日々よ [再会] 忧郁年纪
流れに身を任せ いつか大亨になってゆく 【脱节 朕后来的会增加的。
少しずつ汚れてゆく事なの? 这是否谓语朕会很脏的?
熟した果実だけ 选ばれて 只选择戒除毒品的获益。
ナイフで裂かれて 呑み込まれる前に 在切开刀片预先阻止。
仆等は目指した Shangri-La 朕怀想的香格里拉
期望は抑えきれずに 无法压制你的期望。
做白日梦にまみれた 「自在」を求め続けた 【陷入於梦想 不息寻求自在
今なら言えるだろう 此処がそう楽园さ 现时敢为了断言。 这执意同样的事物的生命之火的熄灭。
さよなら 苍き日々よ [再会] 忧郁年纪
大切な何かを 踏み台にしてまでも 即使宝贵的东西是搭板。
一番高い林檎 掴みたかった 也要开端从事苹果在最高水平。
无くしてから気付く 尊いモノ 只当朕得到时,朕才干收获到它。 值当某方面的东西
幼い仆等は 的はずれだらけさ yarn 线常常不克不及够的。
満ち足りた日々の制圧は [充实了每天的划开]
下陷处不安谧になる [下陷处基础薄弱]
伤を负ってでも 羽ばたきたいと愿うよ 即使伤痕 祷告抖翅子。
愚かでいいのだろう 见渡す梦の痕 我能够是空虚的。 俯视梦的使铭记
さよなら 苍き日々よ [再会] 忧郁年纪
辉く空は 天真烂漫気さを装い 真诚的的天伪装无罪的。
全てを知っていた… 但我什么都实现。
仆等は目指した Shangri-La 朕怀想的香格里拉
期望は抑えきれずに 无法压制你的期望。
做白日梦にまみれた 「自在」を求め続けた 【陷入於梦想 不息寻求自在
间隔をおいてこそ 自分の大きさを知る 正因保存间隔。 相识自在的分量。
生硬な心は それさえ分からないまま 未戒除毒品贲门的 我甚至不克不及拘押这点。
今なら言えるだろう 此処がそう楽园さ 现时敢为了断言。 这执意同样的事物的生命之火的熄灭。
さよなら 苍き日々よ [再会] 忧郁年纪

ED1:Separation

苍穹のファフナー【Separation】
词:atsuko
曲:atsuko/KATSU
歌:Angela

眩しすぎる朝は 任一使成为一体使茫然的早上
眩しすぎる朝は 任一使成为一体使茫然的早上
「谛(あきら)め」诱(いざな)うんだね [偶然地让人气馁]
「谛(あきら)め」诱(いざな)うんだね [偶然地让人气馁]
全てさらけ出して [显示全部情况]
全てさらけ出して [显示全部情况]
この身(み)を委(ゆだ)ねる [就义]
この身(み)を委(ゆだ)ねる [就义]
握(にぎ)りしめた冷たい指 [握住冰凉的手指]
握(にぎ)りしめた冷たい指 [握住冰凉的手指]
君は悲しく笑い 你在悔恨中莞尔。
君は悲しく笑い 你在悔恨中莞尔。
仆はかける言叶もなく 我说不出话来。
仆はかける言叶もなく 我说不出话来。
景致(けしき)は渗(にじ)む 地形慢慢含糊了。
景致(けしき)は渗(にじ)む 地形慢慢含糊了。
始まればいずれ终わる 开端要完毕了。
始まればいずれ终わる 开端要完毕了。
斑斓的事などいらない 何苦掩盖全部情况。
斑斓的事などいらない 何苦掩盖全部情况。
せめて君を温めたい 我希望的东西无论如何能给你暖和。
せめて君を温めたい 我希望的东西无论如何能给你暖和。
ほんの少しの工夫を与(あた)えて 神様 [神] 再给我在某种程度上工夫。
ほんの少しの工夫を与(あた)えて 神様 [神] 再给我在某种程度上工夫。
「あたし行かなくちゃ」【”我该走了” 】
时は止まるはずもなく [工夫不能的中止]
愿いは风に消されて 我的期望随风而逝。
喉(のど)は乾(かわ)いてる [渴]
この先には何があるの? 将来时的会方式?
二人は平行地(へいこうせん) [两人事栏但是平行地]
振(ふ)り向(む)かない君は强い 不再使变得完全不同,你是如许的刚强。
もう交(まじ)わらない [缺勤交集]。
立ちつくす街は歪(ゆが)み 街道开端变弯了。
君が居(い)た回忆だけ 只你停留的回忆。
胸の中に溢(あふ)れ出して [从我的吞下的气]
深い海を创(つく)り [进入深海域]
仆はそこに溺(おぼ)れる 让我沉溺内脏。
忧郁(ゆううつ)な目覚め [忧郁]如许没喝醉的。
隠(かく)せない失望(ぜつぼう) 无法掩盖的失望。
それでも把接地は美しくて 即使如许,把接地仍然斑斓。
It made me sad
I want to see you , remember again . . .

ED2:Proof (出现时第15集)

Proof
歌词:阿苏科
写信:atsukoKATSU
构成:KATSU
歌曲:一往情深拉

心臓に手をあて
告知已收到してみる
「あたし」とゆう名の在
经常地正しく动く
カウントダウンのような
あたしの音
生まれ
やがて死にゆくモノ
永劫など无い
给予财富とゆう槛の中でしか
生きられない?
この命が辉く
与えられた此刻に
どのくらいの焔と出会えるのだろう
あたしは燃えゆきたい
光を放ちながら
それがここに生きたとゆう证
黄色い花が种を飞ばす季
绵毛は风に乘る
见知らぬ壤に巡り着き
根を下ろし
命缲り返す
心にあく穴を埋める
土があるなら
そこに种を落とし
育てゆく术もある?
叶える为
绝妙的东西る
叶えられず俯く
耳の奥で叫ぶよ
音にならぬ声
膝抱えてるよりも
生き急ぐのが真実
花の命も
儚すぎる光
槛の中をさまよいながら
どこへ行けばいいのだろう
胸に络む见えない锁
それは重ねた経験の重さ
息苦しい喜び
この命が辉く
与えられた此刻に
どのくらいの焔と出会えるのだろう
あたしは燃えゆきたい
光を放ちながら
それがここに生きたとゆう证
叶える为
绝妙的东西る
叶えられず俯く
耳の奥で叫ぶよ
音にならぬ声
膝抱えてるよりも
生き急ぐのが真実
花の命も
儚すぎる光

NameE-mailWebsiteComment

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注